方法

禁酒している時の飲み会・イベントや行事はどうやって乗り切る?

年末年始の時の禁酒の考え方

年末年始でお酒を大量に買っている人を多く見かけました。

ちぃ
ちぃ
私は年末や年始のお祝いでお酒を適量飲んで楽しい、美味しいと思いながら飲むのはいいと思うんです

お休みの人が多いでしょうし家で飲む分には家族以外迷惑はそうそうかからないでしょうし。(たまに友人知人に電話をかけてしまうという人がいますがあれはダメです)

そんな中でもお酒をやめたいと頑張っている人に届けたい、この想い。

この記事はこんな人に向けて書いていきます

  • お酒の誘惑に負けそうだ
  • 禁酒してるけど忘年会などのイベントでお酒を飲んでいいの?
  • 年末年始などのイベントごとでお酒を飲んでしまっても禁酒に戻れるの?

禁酒から一歩進んだ考え方です。

飲んでもまた禁酒生活に戻れるメンタルを手に入れた人向けですね。

お酒は人のまともな思考を妨げますのでぜひ読んでから飲酒を楽しんでください。

お酒は悪いものなのになぜ世間はお酒推しなのか

タバコで事件を起こした人ってなかなかいません。

なのにタバコは悪の様な風潮ですよね。

確かに副流煙やマナーの点ではそうですが、事故を起こしたり人をあやめたりはなかなかないですね。

しかしお酒が原因による事件は毎日報道されるほどどこかで何かしら起こっています。

薬物よりも恐ろしいものがスーパーで、コンビニで24時間簡単に手に入るこの世界。

テレビではお酒を飲んで美味しいものを食べてのような旅行番組やビールを飲んでスカッとシャキッとといういいイメージのCMが流れっぱなしです。

これはなぜか?

おかしいと思った事がある人もいるでしょう。

これは国ぐるみで国民を騙しているからですね。

もちろんお金や利権のためですね。

お酒をみんなが飲まなくなると税金やそれにまつわる全ての企業が困ることになります。

全員気がつけばいいのでしょうが気がつかない人や気が付きたくない人もいますので、おかしいと思い騙されたくないあなただけでもこの状況から逃げて欲しいです。

ちぃ
ちぃ
本当は買わない、飲まないが一番いいですね

お酒にいいところありますか?

クエスチョン

楽しい?

いいえ。お酒を飲むときの環境が楽しいものであってお酒を飲んでしまうとお酒を飲むから楽しいと錯覚しているだけです。

実際お酒に酔って意味のわからない姿をさらけ出して周りに引かれている状態なのに楽しいわけないじゃないですか。

ちぃ
ちぃ
あとでフラッシュバックでうわあああああってなります涙

美味しい?

いいえ。その時の雰囲気で美味しいと感じているんです。

美味しいならお酒だけですんじゃいますよね。

つまみや環境で錯覚しているだけです。

一人きりで何も持たずにお酒だけ部屋に持ち込んで何もせずにそれだけ飲み続けて本当に美味しいのか試してみるといいですね。

オオカミくん
オオカミくん
行き着くところは具合が悪くなって終わりだな

ストレスが解消される?

いいえ。された気になるだけです。

コレも錯覚です。

なぜならストレスの元がお酒を飲んで無くなるわけがないからです。

飲んだ時は麻痺していてそのことを忘れているでしょうが、覚めた途端そのストレスの元に襲い掛かられます。

ストレスは問題を解消するか、自分の思考を変えて強くしなければなりませんね。

人間関係が円滑に行く?

いいえ。お酒がなくても円滑にいきます。

飲みに行って人とコミュニケーションが取れる場合もあると思いますが、実際酔っていてはどんな話をしたかも覚えていないですし、飲まないと人間関係がうまくいかない人とは付き合わないぐらいの感覚でいた方がいいです。

飲まなくても楽しそうに飲み会にいる人が一番だと私は考えています。

お酒に洗脳されてる自覚を持ちましょう

なぜやめられないのか書き出してみましょう

メモ

自分はなぜお酒がやめられないのか。

  • ストレスがあるから
  • 寂しいから
  • 暇だから

などなど自分のことを書き出してみましょう。

紙に書いてもいいですし、携帯のメモ機能でもいいです。

自分のことを客観視する事が大切です。

そのためになぜお酒が必要なのか?

いらない存在だと気がつくはずです。

洗脳が解かれた時がやめられる時、飲んでもすぐに戻れますよ

ここまできたら

「あれ、お酒って別になくてもいいんじゃないかな」と思っているはずです。

今まで洗脳されていた脳がクリアになると禁酒ができる時が訪れます!

こうなったらもう禁酒という概念が無くなり自由になります。

でも私を含めこの事がきちんと腑に落ちるまでは時間がかかると思うので、まずはお酒を買うときになぜ自分はお酒を買うんだろう?本当に飲みたいのか?と疑問を投げかけてください。

きっと必要ないことに気がつくはずです。

ただ、何度も言っている様に年末年始などの機会飲酒については私は適量であれば問題ないと思います。

ここまでの内容がきちんと腑に落ちている人ならきっと飲んでも次の瞬間から戻れるはずです。

ちぃ
ちぃ
空気を読んでイベントの気分に浸る道具としてはいいんじゃないかな

そのためにはここまで書いてきたお酒による洗脳が解けている状態に限ります。

お酒に頼っている状態から抜け出せると、お酒を飲む事があってもすぐに切り替えてやめられるからです

まとめ

帽子とお酒

今回は年末年始というイベントなどでお酒を飲む機会が増えるときに禁酒をどうとらえるのかを書いてみました。

お酒で洗脳されている脳をクリアにする事が大事で、洗脳が解けたらお酒を飲む機会があってもバカみたいに飲むことも無くなりますし、すぐに禁酒できます

もう一度お酒を買う、飲むというときになったらなぜ自分は今お酒を飲むのか?という疑問を投げかけてから飲むといいですよ。

ちぃ
ちぃ
飲むときはここまでと決めておいて本当に楽しいと感じるところまでにしましょうね
オオカミくん
オオカミくん
飲酒のきっかけになってしまうと意味がないからな

もしイベントなどで飲んでみて摂取量を守らない、また次の日にも飲酒を初めてしまった人は禁酒をする意味が自分の中に落ちてなかったと自覚して初めからやり直しましょうね。

こちらの記事もおすすめ