幸せになる行動・考え方

転勤族の妻|辛い時やっておけばよかったこと、やらなくてもよかったこと

転勤族の妻
ちぃ
ちぃ
実は転勤族だったちぃです

こんなはずじゃなかった…

常にこの言葉が頭の中にありました。

本当はダンナの会社が3年で戻れると言う予定で札幌から関東に引っ越してきたのですが、3年立っても会社が約束を守ってくれるわけでもなく、一向に帰る事ができずにかれこれ20年経ちました。

その間、家族全員がこっちで自分の周りの環境を整えているのでもう帰るという選択肢はなくなりました。

ちぃ
ちぃ
私だけ密かにいつかは絶対に札幌に帰って向こうで生活したいという野望に満ちていますがw

でも引っ越してきた時は本当に辛かった。

ダンナは新しい環境で忙しく家に帰ってこないし、一人だし、お腹には初めての赤ちゃんがいるし。

今のようにSNSなども発達していなかったので、電話するにもお金もかかるしでずっと泣いて引きこもってましたね。

そんな私が今思えばそんなときにやっておけばよかったこと、やらなければよかったことをまとめてみることにしました。

ここでは引越しの手続きとかではなく精神的に安定するためのことを書いていきます。

今辛い気持ちで頑張っている転勤族の妻のみなさんのお役に少しでもなればと思います

転勤族の妻がやるべきこと

メンタルの安定

メンタルの安定

メンタルガッタガタですよね。

とにかく何かわからないけど不安なのがとてもよくわかります。

そんな時にメンタルを安定させるために効果的だったこととやっておけば良かったことをあげていきます。

断捨離・片付け

1番のオススメはこれです。

私はずっと捨てまくってました。

周りを自分の好きなものだけで囲むと心が安定します。

私は断捨離のやましたひでこ先生ときめきの魔法のこんまり先生もどちらも好きで色々勉強しました。

オススメの本はこちらです



ブログを書く

当時私じゃ考えつかなかった事です。

ネットはやっていましたが他人と交流したり自分から発信したりするなんて恐ろしかったんです。

でも今の時代、無料でノウハウがあふれているので誰でも簡単に始める事ができます

ブログは時間があると有利です。

文章が書くのが好きな人はぜひ。

自己投資の勉強

私がやっておけば良かったと一番に思うのはこれです。

もっと読書したり何かの資格を取ったりしておけば良かったです。

ネットで同じ境遇の人の話を聞く

自分を癒せるのは自分と自分と同じ環境の人だけです。

私は当時同じ転勤族が集う掲示板にものすごく助けてもらいました。

辛いのは自分だけじゃないと思えたんですね。

特に交流はありませんでしたが本当に当時は心が軽くなりました。

外に出るのが苦痛じゃない人は仕事に出る

働きに出るとストレスが解消される人は一番手っ取り早いです。

他人と交流ができるので心も安定します。

派遣がオススメ

働きたい時に働けるので気分転換にもなるし集中して入ったりできるので嫌なことを忘れられますw

派遣のススメはこちらに書いてあるので気になる人は読んでみてくださいね。

派遣で専業主婦からの社会復帰しませんか
派遣で専業主婦からの社会復帰しませんか?【軽作業系派遣の話】私は専業主婦から社会復帰するのに派遣に登録しました。これが本当に正解だったと今でも思います。お子さんが大きくなってきて仕事に出ようかな、と考えている人で派遣ってどうなんだろ?と考えてる人に伝わればいいな。...

転勤族の妻がやらなくて良いこと

頑張ること

絶対に頑張ってはダメです。

私は頑張らなきゃという気持ちとどうせ家にしかいないんだからというダンナのプレッシャーで押し潰されそうになり実家に一度帰ってます。

でもそんな実家にも心配させまいとなんとかこらえて帰ってきて頑張って…

そして一人で毎日泣いていましたね。

もっと簡単に物事を捉えておけばよかったと思います。

うちはお金もなかったので、その地域の観光などもいけなかったので本当に引きこもりでした。

そんな自分が嫌でしかたなかったのですが、今になって考えると自分は基本引きこもりの人間だったので家での充実を図れば良かったんだと今になって気付きました。

頑張らなきゃ…と思って毎日過ごしてる人は注意です。

もうすでに頑張っているので頑張らなくて良いんですよ。

まとめ

段ボールの画像

自分が何をしたいか考える

耐えられないならダンナと話し合って一度実家に帰ってみるのも効果的です。

その時自分がどう思うか。

ダンナの生活が気になったり、家の状態が気になったりするなら戻れば良いし。

自分が壊れてしまう前に自分中心で物事を考えましょう。

なんで辛いのかを考えて何で補えるのかを考えます。

頑張らない

子供を抱きながら毎日何かに追われているような焦燥感でいっぱいでしたが、あの時の自分に無理しなくて良いよと伝えてあげたいです。

辛いと思って過ごすのも軽く考えて過ごすのも時間は同じです

未来がちょっとでもよくなるようにコツコツ自分のために時間を使いましょう。

ちぃ
ちぃ
辛くて泣いている人が減りますように
こちらの記事もおすすめ