楽する家事

食洗機を使わない選択肢なんてない|食洗機用洗剤レビューあり

ドラム式洗濯乾燥機と並んで私が人生で買って良かったもののトップに入るであろう食洗機

ちぃ
ちぃ
もうこれなしでは生活できない><

ズボラは一回楽を覚えるともう無理なんですw

私は食洗機対応してなくても自己責任で素材を確認して食洗機にぶち込んだりします(イイ女は真似しないでね)

オオカミくん
オオカミくん
これから使う人はきちんと確認しような

まだ使ったことのない人や気になっている人はぜひ使ってみて欲しいのですが簡単によし、変えよう!というわけには行かないですよね。

でもこれを読んで食洗機があなたの生活を大きく変える存在だと思ってくれると嬉しいです。

ちぃ
ちぃ
世の中の主婦をラクさせたいのっ

では食洗機の紹介と使うと生活がどうなるか書いていきますね。

この記事がおすすめな人はこんな人
  • 毎日の家事がイヤで少しでもラクしたい人
  • 食洗機が欲しいな、と気になっている人
  • 食器洗いをやらなくていいならしない人
  • とにかく毎日忙しい主婦のあなた

私が買ったのはパナソニックのTZ-100

当時一番新しかった型です。

イオンが出るのが売りでした。

うちでは終わった瞬間に片付けるのであまりイオンは意味がなかったけど笑

もう買ってから1年半以上経ちます。

今から買う人はもっと機能がよくなっているんだろうなぁ。

なぜ食洗機を使うのか

食洗機の画像
  • 食洗機を使わない選択肢はない!
  • 食器洗いは人間のやる仕事ではない!

本気で声を大にして言いたい。

こんなに良いことがあるんですよ!

時間

時計

なんと言っても食器を食洗機に突っ込むだけの時間しかかかりません。

うちでは一回につき5分ぐらいですかね。

食器を洗うのって一回30分ぐらいかかりますよね。

毎日一回にしても一月で15時間

一年で180時間

きっと1日に一回では終わらなかったり30分じゃ終わらなかったりするともっとですね。

180時間って3日間ずっと食器洗っているんですよ。。。ヒェ。

そんな時間あったら色々できますね。

色々できるし何もやらなくて良い時間にもなります

私たちに足りないのは休むことですよ〜。

手荒れ

食洗機を使い始めてから全く手が荒れません

手で洗っていたときはとにかく手荒れがひどくて皮が剥けるレベルじゃなく手が割れるぐらいでした。

手袋をしてると洗剤が落ちているのがわからないのでゴム手袋とかは使えませんでした。

今は食器を食洗機に入れるのには100均の100枚入っている使い捨てのビニールの手袋をしています←むちゃくちゃ良い

精神的に楽になる

食器を洗わなくて良いという状況に自分がいると言うのが最大のメリットのような気がします。

なかった頃は一所懸命料理をしてその後にまた食器洗いというダブルで嫌な思いをしていたのですが、食器洗いをしなくて良いと思うと嫌いだった料理も結構楽しいんですよね。

調理器具もどうせ食洗機が洗ってくれるんだからと気にせずにどんどん使えるのが良いのかな。

手洗いより綺麗、衛生的

フォークとスプーンの画像

本当にきれいになります。

グラスなんかもピッカピカで。

惚れ惚れして見てしまいます。

あれだけ熱いお湯で洗うんですから除菌もできますね。

なんせ人間じゃ扱えない温度で洗ってくれます。

買う前にこの機能を見た時に手洗い完敗だと思いました。

水道代

水道代、上がるかな〜と思っていました。

しかもうちなんて1日に3回は確実に回します。

なのに水道代が目に見えて下がったんです

これは少ない水で十分な洗浄機能を出している効果ですね。

ついでにガス代も節約できます。

パナソニックの食洗機にはエコナビ機能というものもついていて、センサー水温などを感知してガス代を勝手に節約してくれます。

実際専用の洗剤代がちょっと上がったりしたのですが、水道代とガス代のおかげで使えば使うほど食洗機の元が取れていきます。

これは嬉しい誤算でしたね。

洗いづらいものが簡単にきれいになる

初めて水筒を洗った時に感動しました。

いや、水筒も食洗機不可なんですが、自己責任で入れています。

うちは水筒はお茶を持っていくんですが、茶渋がついてしまって数日に一回は漂白とかをしなければならなかったのですが、一回の食洗機で真っ白になってそれ以降茶渋なんてつきません。

水筒の上の部分を洗うのが本当に苦手だったんですが入れるだけでピッカピカなのは助かります。

お弁当箱も細かいパーツまできれいになるのも感動でした。

そういえばマグカップの色素沈着もきれいに取れましたね。

あんなに毎回擦っていたのに…

あとは魚焼き機と五徳です!

こんなの毎回洗ってられないのに簡単にピッカピカになります。

新品に蘇るレベルでサラサラになりますよ。

食洗機の選び方

オオカミくん
オオカミくん
食洗機の選び方は何を気にすれば良いんだ?
ちぃ
ちぃ
基本は自分のお家に合うものだけどここでは私が選んだ時に迷ったことを書くね

ビルトインと据置の2種類

始めはこの2つで迷うかと思いますが、うちは賃貸なので据置一択です。

使ったことがない人は据置で様子を見てみるのもいいですね。

大きさ

ここで考えるのはとにかく大きなものを選ぶということ。

大は小を兼ねるというのがぴったりです。

置く場所さえあればぜひ大きなものを

使っていくとわかるのですが、とにかくなんでも食洗機で洗いたくなります。

それこそ始めは手で洗おうと思っていたフライパンやザルや鍋などの大きなものでもなんとかして入れようとしますw

うちでは絶対に洗わないのは中華鍋ぐらいです。

まぁ、高い食器や調理器具をあまり使っていないというのもありますが汗

一人暮らしやあまり洗い物が出ない、料理をしないなどの理由がない限りデカイのが良いですよ。

水道の分栓

あとは分岐分栓ですね。

うちみたいな超古い家でもちょっとした工事ですぐにできました。

工事代も家電量販店で5,000ぐらいで部品代も込みでやってくれました。

ちなみに設置工事も工事というほどではなく30分ぐらいで終わっていました。

パナソニックの食洗機選んだワケ

水の入ったグラス
グラスもピカピカになります

というか食洗機の据置はほぼパナソニック1強なところがあります。

最近は他のメーカーもちょっとずつ出してきていますが小さいものや水をタンクに汲むものなどちょっと物足りない感じがします。(手間をかけないために買うのに使うのに手間がかかるのは本末転倒です)もっと他のメーカーも競争して作ってくれればもっと良いものや安いものが出てくるのかな〜と思います。

うちはキッチンが狭いのでまず置けるのか?というところが不安でした。

調べたところパナソニックの食洗機は置き場所がないうちもあれば置けるというキャッチフレーズで幅がなくても意外とおけることを知って決めました。

自分の家のキッチンに置けるかどうかを調べるのはこちらを参考に(パナソニックHP)

他のメーカでしたらそのメーカーのHPでしっかりと確認してください。

うちはパナソニックさんで大満足でした。

食洗機のデメリット

  • 食器の柄がなくなった
  • 入れすぎるとヌルついてもう一回洗ったりする←入れすぎるなw
  • 洗剤を思いの外使う。専用の洗剤は手洗い洗剤より高い
  • 音が結構する

こんな感じかな。

本当に洗浄力が高いからか毎日洗っているお皿の柄が取れたものがありました。

でもカップの柄とかは毎日洗ってても全く取れません。

素材によるんでしょうが、うちは高いお皿の柄が取れたので(中性洗剤すら使ってなかったので…)嫌な人はそれだけ手洗いにしたりしなければなりませんね。

夜に音がしてうるさいという人と水の音で何故かよく眠れる人(?)も口コミで見かけました。

うちも回したまま隣の部屋で寝たりするのですが全然気になりません。

これも人それぞれでしょうね。

デメリットよりメリットの方が大きいので欲しい人は買った方がいいです

うちは子供もやってくれるようになりました。

洗剤と食器を入れるだけなのですが、やった感が出るんでしょうね。

絶対に洗い物なんてやらなかったのに機械って凄い。

うちは料理を結構する家なので食洗機は夜だけで3回とか回します。

その代わり朝と昼は使いません。

料理しながら一回まわして食べ終わった後にもう一回。

寝る前にもう一回のような感じです。

時間がかかるけど放置ですのでそんなの気にならないレベルです。

疲れていても食洗機に入れるだけなので洗い物を放置せず、いつもキッチンが綺麗な状態になりますよ♪

食洗機のおすすめ洗剤

うちで実際に色々使った結果残ったものです。

ジョイ粉(メイン)

ジョイ粉

毎日メインに使っているのはコレです。

とにかく使いやすい。

そしてきれいになります。

キュキュット粉

キュキュット粉

ジョイ粉に飽きてきた時に笑

クエン酸効果があるので庫内掃除とかにも使っています。

ジョイタブ

ジョイタブ袋

ジョイタブタブはこんな感じ

とにかく強力です。

カレーの鍋とかもさっと汚れを落として入れればこれでさっぱりきれいになります。

クリスタ(中性液体)

クリスタ

上の3つは弱アルカリ性なのに対しこれは中性です。

柄物などのデリケートなものを洗う時に。

水垢もつきにくいのでグラスにもいいですよ。

環境にも優しいのはコレ!

 

この4つを使い分けています。

食洗機には食洗機専用洗剤しか使えません。

食器用洗剤には粉と液体とタブやキューブのものがあります。

一般的な違いはこんな感じです。

  • 粉…安い、量を調整しやすい
  • 液体…溶けやすい、水垢がつきにくい
  • タブやキューブ…手間がかからない、高い

うちでは今日は油汚れが多い食器が多めだからこれにしよう、グラス系が多いからこれ、プラスチック系が多いからこれ。

のようにざっと見た感じで単純に選びます。そして放り投げます。

食洗機を使うようになって食器は破れて困るものや柄が取れて困るものなどは使わなく、安くて入りやすい大きさのものを揃えるようになりました。

食洗機専用のいい食器や調理器具がもっと増えて欲しいですが、食洗機用じゃなくても大抵平気ですしダメになったらすぐに買い換えれますしラクです。

ちぃ
ちぃ
うちはニトリの食器ばかりになってます笑

まとめ

テーブルの上の食器

食洗機への愛を書いてみました。

食器は手で洗わなければ不安な人や食器を洗うのが好きな人は無理に使うことは全くありません。

でも少しでも時間が欲しかったりラクしたかったりする人は導入を考えて欲しい家電です。

お金以上の価値があります

私は食洗機に入れてる時間あったらチャッチャと洗える、お金がかかる、工事が面倒などいろんなことを考えてネットでたくさん調べました。

悩んでいる時間がもったいなかったなと思うほど導入してよかったです。

今では家族の一員のよう。

本当に救われていますし、食洗機がない生活なんて想像できません。

主婦にとって必要なものだと声を大にして言いたいです。

ちぃ
ちぃ
皆さんの家事生活に革命が起こりますように願っています
こちらの記事もおすすめ